恩納村ダイビングで自由に海中散歩ができるワールドダイビング

昨今では、若い世代の間でマリンスポーツが根強い人気となっています。マリンスポーツと一言に言ってもいろんなジャンルで構成をされていますが、そのうちのスキューバーダイビングが支持をされています。都心部はもちろんのこと、郊外でもたくさんのダイビングスクールが点在をしており、ライセンスを取得するためのレッスンを受けることが可能です。

日本は四方を海に囲まれた島国であるため、比較的全国各地でダイビングに興じることができます。そして国内有数のスポットが沖縄県であり、北東部に位置する恩納村では毎年多くの観光客が訪れて、恩納村ダイビングに興じられてるほどです。このスポットには2021年現在、計5つのクラブハウスがあります。

そのうちの一軒となるワールドダイビングをピックアップしてご紹介をしましょう。2016年に恩納村ダイビングハウスとして開業したワールドダイビングでは、今までのようなサービス形態とは異なった運営を実施されているところです。恩納村ダイビングの場合、以前は必ず現地ガイドという位置づけでダイビングをなさる方に同伴をして一緒に海中散歩をなされてきました。

これは恩納村一体の海域は環境保全区域となっているためであり、サンゴ礁を守るうえでも必ずガイドが案内をされていたわけです。この場合、観光客は自由に水中を移動することができず、若干の不自由さが際立っていました。ところがワールドダイビングの場合は、約20ヘクタールほどの海域を施設が所有されているので、自由に潜ることが可能です。つまり、恩納村ダイビングのなかで唯一、ガイド無しで海中散歩に興じられるのが魅力といえるでしょう。

サンゴの群生地から漁礁などを見て回ることができ、スキューバーダイビングを南西諸島でおこないたいという方には願ったりなクラブです。公式ホームページも完備をされており、利用時の予約や問い合わせは随時ウェブでおこなえるのも魅力です。

恩納村ダイビングショップ – 沖縄恩納村のワールドダイビング