沖縄ファンダイビングを満喫できるワールドダイビングの豊富なライセンスプログラム

沖縄は非常に海が綺麗で澄んでいることから、古くから多くの観光客やダイバーなどがマリンスポーツを行うために訪れる場所でもあります。しかし同時にその美しい海の自然を守るために、必要最低限のマナーや自分自身の技術などをしっかりと磨き、安心で快適に楽しむことができるようにすることも非常に重要なポイントとなっています。

沖縄ファンダイビングをすることができる場所は様々なところに存在しており、また数多くのダイビングスクールがその基本的な技術や能力を学ぶことができるものとなっているため、気軽に訪れファンダイビングを行うことができると考えている人も少なくありません。しかしそれぞれのダイビングスクールには受講者に要求されるレベルがあり、またそれぞれの特徴もあるためこれを十分に認識して選ばないと、せっかくのマリンスポーツを楽しむことができる時間が少なくなってしまうばかりでなく、様々なトラブルを発生させてしまう恐れもあるので注意が必要です。

ワールドダイビングでは、沖縄ファンダイビングをより効果的に楽しむための様々なメニューが用意されているのが特徴です。特に、気軽にファンダイビングをすることができるようにするための基礎ライセンスとも言えるCカードの取得を短期間で行うことができるプログラムが用意されており、さらにその学科は事前にオンラインで受講することができるのがポイントです。観光などで期間が限られている中で存分にファンダイビングを楽しみたいと言う場合には、このワールドダイビングのプログラムを利用し、事前にオンラインで学科試験に合格しておくことで、毎日講習を受けながら沖縄ファンダイビングを楽しむことができます。

その他にも様々なライセンスメニューが用意されており、自分の目標や利用できる時間に合わせて、最適なものを選ぶことができるのが特徴です。沖縄の美しい海を利用して、時間の許す限り本格的なダイビングの技術を習得することができる講師となっているのが魅力です。

沖縄ファンダイビングを体験するなら恩納村のワールドダイビングがおすすめ

株式会社ワールドダイビングは沖縄県国頭郡恩納村にあります。この会社は沖縄ファンダイビングを提供し、ライセンススクールを開いています。
沖縄ファンダイビングでは透明で美しい海に潜り、この土地独特の自然を楽しむことができます。恩納村には独特の地形がありますし、サンゴ礁や南国の海洋生物を観察することができます。他の土地でしかダイビングをしたことがない人は、その美しさに圧倒されるかもしれません。

提供している沖縄ファンダイビングにはさまざまなコースがあります。まず沖縄本島周辺・海底ポストでは、テレビでも取り上げられることの多い海底ポストを訪問できます。全体的にゆっくり、のんびりと潜れるコースですから初心者におすすめです。

有名な青の洞窟も車で5分のところです。水中に潜ると水面から光のカーテンが降りてきて、他のところでは見られない絶景が堪能できます。洞窟を探索する楽しみも味わえるので、冒険好きの人にぴったりです。
きっと思い出に残る体験ができるのがジンベエザメツアーです。ジンベエザメは世界最大の魚類であり、大きいものだと10メートルを超えます。読谷村あたりでは簡単に見つけられるので、一緒に泳ぐことができます。サメではありますが、プランクトンを主食とする大人しいサメですから安心して触れ合えます。
中級者以上になると訪問できるのが辺戸岬です。辺戸岬ドームや二神岩、茅打ちバンタがあり、神秘的な場所で冒険が可能です。海底鍾乳洞は考古学的にも重要な場所であり、陸上の鍾乳洞では味わえない不思議な感覚に満たされます。

他にも変わって経験ができるポイントがあります。それは万座ドリームホールという縦穴であり、その中から海面を見つめると沖縄ファンダイビングの醍醐味が味わえます。青く光る穴の出口まで無数の魚が泳いでおり、自分が海の底に沈んでいるような気分になります。有名なスポットですからインターネットで写真が見つけられますが、その何倍も美しい光景に心を奪われるでしょう。