沖縄でダイビングをするためにライセンスを取るときにはインストラクターの質が重要

沖縄でダイビングをすることも目的として、まずはライセンスを取っておきたいという人もいると思います。そういったときにまずは利用するダイビングショップを選ぶことになりますけど、そういったときにはインストラクターの存在が重要です。

初心者がダイビングについて習うときには、インストラクターの指導によって、上達の仕方が変わると言えると思いますから。

ダイビングはライセンスを取るまでの過程のみでスキルが決まるわけではないものの、教え方によってその後の上達の仕方、伸び方も変わってくると言えますから、質の高い指導が期待できるところを選んだ方が良いのです。

そして、質の高いインストラクターがいるダイビングショップを見極めるために重要なのは、それぞれのダイビングショップのホームページを見るということです。
ホームページを見ると、インストラクターに関する紹介が載っている場合があります。

ダイビングショップを選ぶ前にインストラクターに関して知ることができるとしたら、そういった部分の情報が重要です。

したがって、そういったところからインストラクターにどういった人たちがいるのか?を調べてほしいです。

情報が一切載っていないところもありますが、そういったところははっきり言ってあまり信用できないと言えます。

利用者の立場からするとインストラクターの質は非常に重要なので、その点に応えてくれないとしたら利用者の満足度を満たせないわけですから、そういった部分まで考えが及ばないダイビングショップということになります。

ダイビングショップによってはインストラクターの経験の度合いとか、顔写真などの掲載をして、どういった人たちが教えているのか?の情報をちゃんと公開しています。
そういった情報を得られるところをまず絞って、その中からより信頼できそうなところを見つけていくと良いです。

最終的には沖縄などでダイビングをしたいと思っていて、ライセンスを取るならばダイビングショップの選び方からしっかりと行っていきましょう。

沖縄ダイビング ワーキングスタディ

沖縄のきれいな海に魅せられた私達は次の機会には本格的ダイビングを、

沖縄県というのは多くの島々から構成されていて、主たる島は沖縄本島とも呼ばれていて那覇県内を始めとして主な政治や県の行政は本島に集中していると言ってもいいでしょう。 そして、沖縄を観光などで訪れるのは概ねは本島が中心になるでしょう。

実は今現在は筆者自身は40半ばの年代になっていますが、息子が沖縄本島に縁があって其れを頼りにしながら、時には息子に案内してもらいながら沖縄を訪れたことは何度かありました。 ただ、沖縄は本島と言えども島国であるために主要な交通機関は路線バスが主体となっていて、鉄道などはいまだ敷設されていないのです。

従って、沖縄本島を訪れて観光などをするにはどうしてもレンタカーが主体となってしまうのです。 其のためもあってか那覇空港の周辺近くには各社のレンタカー会社があって、予約しておけば空港のロビーで待っていてくれて直ぐに車の所在の営業所に案内してくれるのです。

そして、沖縄の観光地といえばメインはどうしてもオキナワブルーといわれる透明できれいな海になるでしょう。 其の海のきれいな本島の観光スポットと言えば「恩納村」という地域があります。 那覇空港や那覇の市街地からも比較的近く、入江のキレイな砂浜には各所に海水浴場や海のレジャーやダイビングが楽しめて、其処には豪華なホテルも其処かかしこに点在しているのです。

さて、先般は休暇を利用して其の沖縄へ出かけましたが、那覇空港でレンタカーを借りて早速、国道58号線から宿泊ホテルの有る恩納村へ向かいました。 北谷の綺麗な海やアメリカ村でチョット時間を費やして、基地を見ながら嘉手納、そして読谷へ至りました。 読谷は「よみたに」という読みではなく「よみたん」と呼ぶらしいです。

其の読谷を過ぎ、此方も有名観光地の万座毛をすぎて少し行ったところが、恩納村に位置する「ナカユクイ」というところでした。 有名なタイガービーチなどもあり、此方は何と言っても本島でもよく知られるダイビングスポットでもありました。 我らは次の日のオプション予定としてダイビングを楽しむということでした。

其処にはダイビングショップも有ってシュノーケルを一式レンタルして沖縄の美しい海を堪能しました。 此方の海域はユッタリとした雰囲気でダイバーに癒やしを与えるようなダイビング・スポットにもなっていて、真白な砂浜には素晴らしいサンゴ礁が広がっていますし、多くの熱帯魚とも出会えることができるのです。

ショップの係員が言うには、もっと専門的に深い海に潜るにはダイビング専用のライセンスも必要で、当店としては此れ等の専門的な知識や技術を教える制度も整っているといいます。 そして、一定期間(ほぼ2日から3日)を経て習得すれば「Cカード」というライセンスも付与することが出来ると言ってました。

沖縄の透き通った海と素敵な魚たちに魅了された私達はスッカリ気に入ってしまい、次の沖縄旅行には是非に、此方でライセンスを取得して、美しい沖縄の海を満喫したいと思っているところでございます。

沖縄ダイビングのために泳げない人は泳げるようにした方が良い

沖縄ダイビングを楽しみたい人に知っておいてほしいこととしては、泳げるか?どうかという点です。

泳げない人がダイビングをするケースは少ないかもしれませんけど、泳げないけどダイビングをしてみたいと思う人は少なからずいると思います。
そういった人に関しては、泳げないままでもダイビングができるということは言えますが、泳げた方が楽しさは倍増すると思うのです。

実際、ダイビングをしているときは泳ぐ動きをするようなケースはあまりないとは思うものの、泳げない人は精神的に余裕がない状態でダイビングをすることになります。
というのも、アクシデントが起きたときに泳げない人はパニックになるようなことが考えられます。

したがって、沖縄に行って本格的にダイビングをするという前に泳げない人は、最低限の泳ぎ方をマスターしておいた方が良いと思います。

泳げない状態でもダイビングはできるものの、万が一のときにパニックになることがありえますし、基本的にインストラクターがついた状態でのダイビングになると思います。
それでも楽しくないわけではないでしょうけど、泳げない人は怖さもあると思いますから、行動が事実上制限されてしまい、泳げる状態で自分で自由に動き回ることができるダイビングと比べると、かなり差があると言えると思うのです。

そういったところを考えると、ライセンスを取ることを目標として、そのときに泳げるようにしておくのが良いと思います。

ライセンスを取るという目標を作ると、ダイビングが上手くなりたいと自然に思えると思いますから、そういった目標に向かった方が、結果的に自分のダイビングのスキルが上がるはずです。

そして、泳げるか?どうかという部分はダイビングのスキルとしては重要なので、そういった部分も上達できるように心がけていくと良いでしょう。

最低限でも良いと思いますから、泳げるようにしておくことが重要です。

ライセンスを取る過程で、丁寧に泳ぎ方に関しても教えてくれると思うので、本格的にダイビングをするために沖縄などに行く前に、泳げない人は少しでも泳げるように努力をしていきましょう。

まずは体験ダイビングからです

テレビや雑誌などで、海の世界を紹介する事が多く、海の世界は多くの人を惹きつける魅力があります。海の世界を体験するためには、スキューバダイビングという方法で誰でも簡単に行なえます。

ただ、海の中は空気がなく、多くの危険な生き物や潮の流れなどの危険性ととなり合わせになっていて、そのためきちんとした講習を受けてから行なう事が大切です。

スキューバダイビングを始めてみたいと思っている人はとても多いのですが、いざ始めるとなれば装備などを購入したり、ダイビングスクールなどで講習を受けてライセンスを取得する時間や費用を考えると、なかなか始める気持ちにはならないのが現実です。

どんな事でも同じように、まずは一度体験をしてから、その後に本格的に行いたいと思う場合に初めて必要な装備やライセンスを取得出来ればと思ってしまいます。

そんな人のために、様々なダイビングスポットの近くにあるダイビングショップなどで、体験ダイビングを行なう事が出来ます。

日本でも指折りのダイビングスポットである沖縄は、観光地としても人気が高く、観光の中に体験ダイビングを加えますと忘れられない旅行となります。

沖縄の海は抜群の透明度に加えて、色とりどりの熱帯魚や珊瑚礁が乱舞する海の中の世界を見せてくれます。

沖縄のダイビングスクールでの体験ダイビングは、午前中に現地で短時間の講習などを行なう事で初心者のライセンスを取得する事が可能で、昼からインストラクターと同伴での体験ダイビングを行なう事が出来ます。

一度体験ダイビングを経験して、その後に継続してダイビングを行いたいと思ってから、本格的なダイビングの用具や講習を住んでいるエリアなどのスクールで受けるのが一般的です。

時間に余裕がある人は、沖縄旅行の合間に本格的なライセンス取得が出来るプランも、多くのダイビングショップで用意がされています。

何よりも充実した環境や素晴らしく美しい海で、講習などを受けれるのは魅力的だと思います。

体験ダイビングが人気です

誰でも何度かは、テレビや雑誌などで海の中の世界の画像や映像を見た事があると思います。

海の中の世界は、普段生活している世界とは全く違った環境や景色で、多くの人を惹きつける魅力があります。

自然が造りだす雄大な造形美や、大型の魚たちが泳いでいる景色などは、まさに海の中でしか体験できない世界です。

そんな世界を見たり体験できるのが、ダイビングというスポーツです。

非日常的な世界の海の中は、普段生活している世界とは全く違って空気がなく、スキューバダイビングの装備をつける必要があります。

そのため、スキューバダイビングを初めて体験するためには、まずはダイビングショップなどで短時間の講習などを受けて、その後に簡単なライセンスを修得してから、インストラクター同伴で体験ダイビングを行なう必要があります。

海の中は、とてもファンタージーでわくわく出来る世界ですが、潮の流れや危険な生き物などもいて、経験がないととても危険な場所です。

ただ、きちんとしたインストラクターの指導のもとで行なうのは安全で、快適な時間となります。

日本には多くのダイバーを惹きつけるダイビングスポットがあります。

中でも、海の透明度や美しさで群を抜いているのが沖縄の海で、色とりどりの熱帯魚や珊瑚礁が作り出すファンタージーで幻想的な世界は、一度体験すると忘れる事が出来ない思い出となります。

沖縄は、本島だけでなく少し離れた周辺の島などにも世界でも有数のダイビングスポットがあり、沖縄を拠点にしてこれらのスポットで体験ダイビングを行なう事が出来ます。

多くの体験ダイビングのプランがそろっていて、設備の整ったダイビングショップで講習などを簡単に行なえるのも人気の理由です。

沖縄の海で体験ダイビングを行なって、その後に本格的に継続してダイビングをしたい人は、地元のダイビングスクールなどでワンランク上のライセンスを取得するのが一般的です。

一度はスキューバダイビングを体験してみたいと考えている人はとても多く、沖縄などに旅行に行く機会があれば、まずは素晴らしい海で体験ダイビングをする事をおすすめしたいです。

沖縄に行ったからにはダイビング

彼と大学の卒業旅行を計画していたところ、予算は1人3万円で初めは京都にでも行こうかと企画をしていたら、旅行会社の方からこの京都の予算だと、沖縄に行った方がホテルも飛行機代もレンタカー代金も付いて3万円おまけに日本にいながら、海外旅行のような気分も味わえるよ!ということ熱心に勧められ、是非沖縄へ!との気持ちが高まり沖縄に行くことになりました。

事前に、いろんな観光雑誌を購入し、その中でも一段と目が止まるのが、本州ではなかなか見れない綺麗な海と砂浜、サンゴ礁、中でも青の洞窟が気になる、本州では経験できないダイビングを計画しました。

当時レンタカーで流す曲も、BEGINに編集して、意気揚々と沖縄気分を満喫しようと、かなりテンションがあがりました。ソーキそばは、初め国際通りにあった居酒屋で食べたせいか、想像していた味とはかけ離れていて、少し落ち込みましたが、昔ながらのお店で食べたソーキそばが絶品で、はまってしまい。色んなソーキそば屋巡りをしました。

高速で食べたソーキそばも美味しかった。よもぎみたいな葉物が入れ放題だっけど、アレは本州では見たことがなく、一体なんて野菜なのかが未だに不明。それからテビチ、ちんすこう、泡盛、海ぶどう、沖縄を食べ物から堪能しつつ、いよいよ企画してたダイビング日、その日は、少し曇りで、絶好のダイビング日和ではなかったけれど、インストラクターの指示に従い海に潜ってみると、目の前に水族館の中にいるような感覚、色とりどりの魚たちが…。本当に別世界、異空間にいるようでした。別の日にした、

シュノーケリングでは、波酔いして数分しか海にいられなかったけど、ダイビングはまた違う味わい、魚たちに餌をあげたり、水中で写真を撮ったり、耳がほとんど塞がれるせいか、目に見えるものに集中できるおかげで、本当に異次元の世界を味わうことができました。

それからかなり沖縄にハマり、毎年1回は行くようになり通算5回は行ってます。残念ながら企画する日は天候が良くない日もあり、青い洞窟にはいまだに行けてませんが、いつか天気との相性が良い日に青い洞窟を拝んでみたいと思ってます。

学生時代のダイビングの思い出

私の年齢は26歳、男性で営業職をしておりますサラリーマンです。大学時代、私は高校生の彼女と付き合っておりました。夏の思い出を作りたいということで、3泊4日の沖縄旅行に行ったのです。

ホテル等はプランに含まれており、日中の予定は自分たちで決めて行動できるプランになっておりました。観光地等に行くことも非常に楽しみにしておりましたが、一番思い出に残ったのがダイビングでした。

テレビでは何度も映像を見たことはありますが、実際はどれだけきれいなんだろうかと期待を胸に参加しました。はじめにダイビングの先生が明るく迎えてくれました。行った時が大学4年生だったため、就活を終えておりました。スクールの先生を見たとき、自分の好きなことを仕事にして笑顔で頑張れている先生が非常に素敵でした。

私は社会人になってこれだけ笑顔で毎日仕事できるのだろうかと不安になるほどでした。早速ウエットスーツに着替えました。生乾きのようなにおいがしてくさかったことが印象に残っております。シュノーケルをつけ、ボンベを背負い、浅瀬で息継ぎの練習をしました。私は潜水が苦手でしたが、ボンベを背負うと自然と沈んだので問題なかったです。

早速潜りましたが、想像を超える水の透明度と生物の多様さが視界に飛び込みました。和歌山の白良浜も行きましたが、その10倍の透明度でした。まさにファインディングニモのような世界が広がり感動でした。ダイビングの先生が水中で口から輪を作ったり、先生が私たちの写真や動画をとってくれたりしました。水中で遠目の写真を撮れることはなかなかないので、先生がいてくれることで安全面も思い出も残り良かったです。

帰り際にウミガメに出会いました。先生曰く、100組に1組の割合でしか出会うことはできないらしく、非常にタイミング良く、ついておりました。
私たちは泳ぎも得意ではないため、ダイビングの先生に全てお任せしておりましたが、泳ぎが得意でも先生と一緒になって楽しむことをお勧めします。

海外の海より綺麗なところが日本に!

数年前、知人に誘われて宮古島に旅行に行きました。

もともとするつもりはなかったのですが、とにかく海がどこよりも綺麗なので、ダイビングを体験しようと誘われました。

ホテルの前の海もとにかく綺麗で、空を飛ぶカモメが、海のブルーが映って青く光っていました。

グラスボートのツアーにも参加したところだったので、海の青さやカラフルな魚、大きなウミガメなどをガラス越しに見ることができて、それが間近で見られるならと、チャレンジしてみる事にしました。

実は20年前にハワイでダイビングの体験をした事もあったのですが、その時は天候のせいか、波も荒く思ったより海も濁っていて、あまり感動がありませんでした。

せっかくのハワイの海にかなり残念な気持ちになったので、今回の沖縄の海にはかなり期待して参加しました。

ダイビングショップも知人の知り合いの方が経営されているお店で、アットホームな雰囲気で最高なスタッフばかりでした。

酸素ボンベ、マウスピースなどの装備の説明や困った時の手のサインなど、色々と注意事項などを聞いた後に、なかなかの大きなクルーザーに乗り込んで、少し沖の方まで連れて行ってもらいました。

ポイントに着くと、船に備え付けてある階段を使って、そのまま海へと入っていきました。

数人いたので、少し岩場に捕まってみんなが海に降りてくるのを待って、そこから海へと泳ぎ出していきました。

遠くが見え過ぎるくらい海が綺麗で、青過ぎて本当にびっくりしました。
ハワイの海とは比べ物にならないくらいの透明度で、ここ日本の沖縄に、こんな綺麗なところがあったのかと本当に感動しました。

南国特有の魚や、遠くの方にはウミガメが泳いでいたりして、テレビで観るような光景が目の前に広がっていました。

スタッフの方が、エサを渡してくれて、目の前にパラパラとばらまくと、そこへたくさんの魚が集まってきてくれたので、さらに感動は倍増しました。

知人は、ダイビングの魅力にはまって、そこからダイビングライセンスを取ると決断していました。